ゼロ・エネルギーで、暮らそう。ZEH builder ZEH308-00613-CT

ZEHビルダーとは?

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標が設定されました。経済産業省はこの目標の達成に向け、2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ·エネルギーハウス) 支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。この制度は、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標(以下「ZEH普及目標」という)を掲げるハウスメーカー、工務店、リフォーム業者等を補助事業執行団体にて公募し「ZEHビルダー」として登録するものです。株式会社伸英開発では、「平成30年ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通り2020年度に向けたZEH普及率目標を設定いたしましたので公表いたします。

ZEHの周知・普及に向けた取り組み

自社施工のZEH推進分譲地を認知していただくためにホームページ、販売資料、広告、ポータルサイトを使い、お客様へ周知・普及に努めていきます。またZEH仕様のモデルハウスを建築しZEH住宅を体感していただける見学会を開催してまいります。

ZEHのコストダウンにむけた具体策

ZEH推進分譲地を企画し、建物の断熱材等ZEH対応商品を標準仕様化として確定します。お客様に設計段階においてZEH住宅に有効で効率の良い設計プランをご提案し、施工方法を検証しご提案してまいります。

その他の取り組みなど

ZEH仕様の高性能住宅は洗面浴室でのヒートショックなどの低減につながる健康住宅であることをお客様にご提案してまいります。

ZEH普及目標と実績

ZEH普及目標と実績