ホーム > スーパーストロング構造体

スーパーストロング構造体

スーパーストロング構造体バリューの住宅は、 かけがえのない「家族」と大切な「財産」を地震から守ります。
地震国ニッポンで家を建てるこれからの「安心基準」
世界で起こる巨大地震の5回に1回は、日本で発生しています。
特に近年、地震が頻発し、家づくりにおいて地震対策は重要な課題となっています。トステムの「スーパーストロング構造体バリュー」は、耐震設計により一般的な木造軸組住宅の耐震性能を高め、万が一地震の揺れで住まいが全壊した場合も、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担する「耐震補償付き」で、地震に負けない暮らしをサポートいたします。
お客様が現在検討中の外観や間取りをそのままに、地震への安心をプラス。これからの「安心基準」として、ぜひご検討下さい。
「耐震等級3」相当を実現
スーパーストロング構造体バリューの「安心基準」 その答えは、「耐震等級3」※相当の設計にあります。
スーパーストロング構造体バリューの安心基準
「耐震等級3」は国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められておりこの力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。
「耐震等級3」相当を実現
※「耐震等級3」相当とは、LIXILが建物の構造の安全性に項目を絞り、その性能を評価しているため、住宅性能表示とは区別して表示したものです。
「耐震等級3」相当を実現
万が一の震災時も安心な、耐震補償
「耐震等級3」相当を実現
万が一の震災時も安心な、耐震補償
「耐震等級3」相当を実現
スーパーストロング構造体バリューでは、全棟「耐震等級3」相当を実現するために、公正で安心できる検査・補償体制を実現しています。建築会社・工務店が設計した図面をLIXILで住宅性能表示制度基準に基づき、1棟ごとに構造設計CADシステムで「耐震等級3」相当を設計検査。検査後は、すべてのお客様に安心の証として、「設計検査報告書」を発行します
構造設計CADシステムによる設計検査では、強度不足がある場合、図面上のその部分を赤色で表示。確実に判定できるシステムになっています。
さらに、“安心・安全”追求する伸英開発のご提案。スーパーストロング構造体バリューとMIRAIEを2つ合わせて家をもっと長持ち、地震に強い家にしませんか。
MIRAIEを知る