ホーム > ミライエ

ミライエ

家族が「安心」「快適」に暮らせる家づくり スーパーストロング構造体バリューとMIRAIEを2つ合わせて家をもっと長持ち、地震に強い家にする。
さまざまな地震の揺れを吸収し家族の安全を守る、住宅用制震ダンパー[ミライエ]。立地条件やコストに左右されずに導入できる、新しい地震対策。/伸英開発のこれからの家づくり/地震に強い家
  • 日本に最適な地震対策とは? 地震対策はもはや当然の時代です。
    倒壊写真
    倒れるか。守れるか。その差は一階の強度だった。
    地震はいつどこで発生してもおかしくありません。地震大国の日本ではもはや大丈夫と言い切れる場所はありません。
    どうすれば大切な家族を地震から守ることができるか、今こそ考える時です。

    地震に耐える「耐震」、地震の揺れを吸収する「制震」、地震の揺れを伝えない「免震」。それぞれの特徴を知ることが地震対策の第一歩です。
    倒壊写真
  • MIRAIEは独自の構造で揺れを吸収。
    MIRAIE写真
    家の損傷を軽減し、資産価値をずっと守る。
    MIRAIEは家に伝わる地震エネルギーを効率よく吸収。
    本震だけでなく、余震にも繰り返し効果を発揮するので、家をしっかり守りつづけます。
    MIRAIE説明図 ダンパーの上部に取り付けられた「高減衰ゴム」が変形することで、様々な地震の揺れを吸収します。
    MIRAIEの特徴/1.高い制震性能によりバンパー設置数を減らし低価格を実現。2.揺れを最大70%吸収。繰り返しの余震にも効果を発揮します。3.メンテナンスフリーで高い性能を持続。
  • MIRAIEに注ぎ込まれた、独自の制震技術グラスト
    ダンパー写真
    グラストが、さまざまな構造物の安全・安心を支えています。   
    橋梁ケーブル用ダンパーで培った制震技術を進化させ、数多くの構造物への適用・展開しています。

    地震の揺れだけでなく、風揺れや交通振動にも性能を発揮。
    ビルや橋桁などの大型建築物のほか、波揺れを防ぐ海洋構造物用の浮き消波堤にも採用されています。

    橋梁ケーブル用ダンパーは、全国の斜張橋で多く採用されており、国内シェアNo.1※(※2012年1月 住友ゴム調べによる)。
    ケーブルが風雨などで揺れるのを防ぎ、橋の安全を守っています。
  • 実験で証明された、MIRAIEの確かな実力と可能性。
    耐震検査写真
    阪神・淡路大震災にも耐える優れた耐震効果を発揮。
    MIRAIEは家に伝わる地震エネルギーを効率よく吸収。
    本震だけでなく、余震にも繰り返し効果を発揮するので、家をしっかり守りつづけます。
    最大70%の揺れ幅の吸収を実証。/阪神・淡路大震災レベルの揺れにも、繰り返しの効果を発揮。
    耐信州大学工学部建築家/教授:五反田 博 氏
    日本の住宅の未来を支える、MIRAIE
    MIRAIEが採用している「高減衰ゴム」は、非常に硬い性質を持っており、中小地震から巨大地震まで幅広い揺れに効果を発揮する製品となっています。 今回の振動台実験では、MIRAIEを装着していない方は倒壊に至るほど変形しましたが、MIRAIEを装着した方は、全体構造にほとんど損傷が確認できない程度の変形にとどめることができました。 この結果から、MIRAIEは優れた制震性能を持っていることがわかりました。また、実験では繰り返しの揺れに対する性能についても検証しました。合板耐力壁と比べても、MIRAIEは繰り返しの地震に対して効果を発揮することが確認できました。
    これにより、地震が何度も発生するような地域や、大地震が起こった後に余震が続く場所などでも、MIRAIEは家の安全性をしっかり守りつづけるということが証明されたといえます。
    日本でも建物を長寿命化させる施策も動きはじめています。そのような状況のなか、いつどこで地震が起きてもおかしくない日本で、MIRAIEはよりいっそう大きな役割を果たしていくはずです。
    耐信州大学工学部建築家/教授:五反田 博 氏
MIRAIE公式サイトへ