ホーム > 長期優良住宅

長期優良住宅

世代を越えてずっと家に住み続けるために。
長期優良住宅とは?

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年(平成21年)6月4日施行)は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、 環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的として「長期優良住宅認定制度」がスタート。
この制度では、構造や設備等について一定の基準が設けられ、この基準を満たすものを「長期優良住宅」として認定。
認定された住宅は様々な税制優遇が受けられます。

長期優良住宅だとどんなメリットがある?
  • 長期優良住宅に対する税制上のメリットが大きく、住宅ローン控除や登録免許税、不動産取得税、固定資産税が軒並み優遇されます。
  • 今後、国の施策として中古市場の整備が進む中で、長期優良住宅か否かは、資産査定上、大きな判断基準になるとされています。
メリット1「「認定長期優良住宅」に対する税の特例措置」
メリット2「認定長期優良住宅に対する住宅ローンの供給支援」
  • 長期優良住宅に対応した 住宅ローンの供給支援
  • 優良住宅取得(フラット35S)の拡充

長期優良住宅の認定基準
  • 劣化対策「数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。」
  • 耐震性「極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。」
  • 維持管理・更新の容易性「構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な
措置が講じられていること。」
  • 可変性「居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。」
  • バリアフリー性「居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。」
  • 居住環境「良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。」
  • 住戸面積「良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。」
  • 維持保全計画「建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。」
お問合せ・ご相談・資料請求

AM9:00?PM8:00「072-674-8855」

メールでお問合せの場合